就職活動📝

【研究職】大学から企業への転職が必ず成功すると断言できる4つの理由

こんにちは、わしまるです!

わしまる大学では、地方国立大学や中堅私立大学の立場を上手く使い倒し「スキル・お金・業績」の3つの成果物を得る術について情報発信をしています。

わしまる

難関大学は内部での競争が熾烈だから、意外と地方国立大学や私立大学のほうが楽に成果を稼ぐことができる可能性が高いんだ

今回は、「大学で働いている方(ポスドク、助教、特任職)の企業研究職への転職が必ず成功すると断言する理由を解説していきます。

現在大学で研究者として働いておられる方の中には、以下のような疑問、悩みを持たれる人もいるかと思います。

  • 大学の給与・待遇に不満はあるけど、これまでと全く違う研究をするのはちょっと…
  • 求人サイトを見ても私に合いそうな研究内容はどこにもなくて
  • 正直企業で通用するのか不安なんです…

このように、大学の待遇に不満は感じつつも、企業転職に不安を感じて一歩踏み出せないでおられる方もいると思います。

そんな方々のためにこの記事では、 ポスドク、助教、特任職の方の企業研究職転職が必ず成功すると断言する理由を解説していきます!

本記事の信頼性

わしまるは大学の助教から企業研究職への転職実績があります。

現在は企業の給与・福利厚生などの金銭的待遇に加え、十分な研究費と自由な研究環境に大変満足しています。

わしまる

実際に転職を経験したことにより感じた大学研究者の強みと企業研究環境の良さを本記事で紹介していきます!

アカデミックから企業への転職は必ず成功する!

現在アカデミック職から企業への転職を考えられておられる方には、「必ず成功すると思いますので是非一歩踏み出してみませんか」とお伝えしたいと思います。

アカデミックの「自由に研究テーマを設定して研究できる」という部分に対しては私も大きな魅力を感じています。

ただ、給料や福利厚生の手薄さ、ポジション獲得の難しさ、不安定さなどのアカデミック職のデメリットに関しては、どうしても目をつぶることができませんでした。

たかこさん

確かに助教や教授の先生の働き方を見ていると、アカデミックに残りたいとは思えないですね…

そうは言っても、いざ企業に行こうとしても「採ってくれるところが本当にあるのか?」、「研究内容がある程度被るようなポジションなんて無いだろう…」と不安に思われるだろうと思います。

わしまる

私も転職を決める前は非常に不安に思い悩んでいました…

ただ、実際に転職し経験する中で感じたのは「そのような心配は無用」だということです

その根拠は以下の4点になります。

アカデミックから企業への転職が成功する理由
  1. 大学での研究遂行能力は企業でもそのまま通用する!
  2. 企業の中途採用の積極化!
  3. 大学経験のある人材は今後ますます需要が高まる!
  4. 企業側も大学でのキャリアアップの難しさに理解がある!

わしまる

それでは、これらの項目について1つずつ説明していきますね

アカデミックの労働環境は悪いと言わざるを得ない / 大学から企業への転職は必ず成功する!

① 大学での研究遂行能力は企業でもそのまま通用する!

まず最初の理由は、大学における研究遂行に必要な能力はそのまま企業でも通用するということです。

企業でも間違いなく通用するアカデミックスキル
  • 論理的思考力
  • ライティングスキル
  • 発想力(独自アイデア創出)
  • 情報収集能力
  • 財務管理能力
  • 教育能力

etc…

論理的思考力や情報収集能力、教育能力といった能力は企業でも必須の能力であることは間違いありません。

特に大企業ではこれらの能力を鍛えるための階層別研修が必修となっています。

先に挙げた能力の中には、部長級になってから受けはじめるような研修もあります。

たかこさん

大学の先生方は、企業の部長クラスが修得していなければならない能力をすでに持っている可能性が高いということですね。

わしまる

これまで何度も「こんなにすごい先生がなんでこの程度の待遇で働かされなくちゃいけないんだろう…」と思ってきました

大学には本当に素晴らしい能力を持った人材がたくさんいると思います

大学の研究者は企業で求められるスキルを既に持っている可能性が高い!

② 企業の中途採用の活発化!

終身雇用の崩壊が叫ばれて久しくなりましたが、それに伴って中途採用市場が右肩上がりで盛り上がってきています

わしまる

以下のグラフをご覧ください

転職市場-2021-doda
2021年7月の転職マーケットの概要「転職市場予測2021下半期」 by doda

こちらのグラフは、2014年から2021年下期までの転職市場の推移です(doda公式HPより引用)。

特に黄緑色の求人数を見てみましょう。

コロナショックにより2020年上期に大きく落ち込みましたが、すぐに回復基調に転じ現在急速な市場拡大傾向が続いています

つまり、中途人材を企業側が必要とする傾向が強まっているということです。

わしまる

もちろん、求人対象にはもちろんアカデミック人材も含まれており、全体として採用される可能性が高くなっているのです。

たかこさん

求人倍率が3.0に届きそうな勢いで、相当な売り手市場になっていますね

転職市場は年々盛んになってきている!

③ 大学経験のある人材は今後ますます需要が高まる!

これは企業にいて肌で感じていることなのですが、アカデミック人材は今後さらに企業で必要とされるだろうと予測されます

2022年現在、人工知能(AI)やデジタルトランスフォーメーション(DX)、マテリアルズインフォマティクス(MI)などのような大きな変革のタイミングにあり、企業もそれらを取り込んだ「変化」が求められています。

先が見えない変革の時代を生き抜くためには、常に最新の情報にアンテナをはり、新たなアイデアを生み出し続ける能力、バイタリティを持った人材が必要になります。

この需要にピッタリの能力を持ち合わせているアカデミック人材は今後さらに企業に採用されやすくなるだろうと推測されます。

わしまる

こういった先の見えない時代を生き抜けられるような人材は、残念ながら企業にはほとんどいないと感じます

大学の先生方はまさに今、社会に必要とされているのです

変革の時代を生き抜くためにアカデミック人材が必要とされている!

④ 企業側も大学でのキャリアアップの難しさに理解がある!

たかこさん

とは言っても、准教授や教授クラスにまで上がっていないとなかなか採用されづらいのではないのですか?

わしまる

実はそうでもないのですよ

最近ではポスドク問題、アカデミックポジション不足問題が企業の中でも知れ渡っており、そう簡単に准教授や教授にはなれないということは常識になりつつあります。

ですので、現在ポスドクや助教、特任職の方でも積極的に採用される可能性が高いです。

わしまる

むしろ、現在20代~40代の方は、年齢的に小リスクで採用しやすいと考えられています。

そのくらいの年代だと数年で管理職クラスへ昇進する可能性も高いので、是非早めに動き出すことをオススメします。

ポスドク、助教、特任職でも積極的に採用される可能性が高い!

【経験者談】転職活動を効率的に進める方法

たかこさん

アカデミック人材が企業にも強く求められていることは理解できました

転職自体が初めての経験になる場合に、効率的に転職活動を進める方法はあるんですか?

わしまる

実際に大学から企業へ転職した知り合いが何人かいるのですが、最終的には「転職エージェント」に紹介してもらったポジションに就いた人が多いですね

就活でも転職でも、まずは皆さん就活サイト、転職サイトに登録されると思いますが、そのような就活サイトに公開されているのは一部の限られた求人のみなのです。

わしまる

特に研究職ポジションについては、競合企業に内部戦略を知られないように求人を完全公開しないことが多いようです

たかこさん

なるほど…

この流れでいくと、そのような非公開情報を持っているのが「転職エージェント」ということですかね?

わしまる

そのとおりです!

私の知り合いも、転職エージェントで非公開求人情報を手に入れてピンポイントにマッチした研究職ポジションを獲得していました

転職エージェントでは転職希望者一人ひとりに専属のキャリアアドバイザーが付き、その人の経歴にあった求人の紹介から面談対策まで、転職活動全般に渡ってサポートしてくれます。

たかこさん

少し調べてみましたが、転職エージェントサービスにも色々種類があるんですね

オススメとかってあるんですか?

わしまる

転職求人数No.1のリクルートエージェントも安定感がありますが、私はアカデミック転職に特化したアカリク転職エージェントを最もおすすめします

アカリク転職エージェントは、院卒出身のエージェントが研究職、エンジニア職に特化してサポートしていますので、ポスドクや助教の方にはピッタリのサービスになります。

転職エージェントサービスでは、採用決定時に企業側から謝礼が出る仕組みになっているため、転職希望者は手厚いサービスを基本無料で受けられます

もちろん、長期的な転職活動でも徹底的にサポートしてくれます。

わしまる

少しでも転職を考えている人は一度無料登録だけしておいて、良い求人が出てきたらエージェントに連絡してくれるように依頼しておくと良いと思います。

アカデミック職の転職はアカリク転職エージェントで非公開求人を無料で紹介してもらおう!

【あとがき】より良い研究人生のために一歩踏み出す勇気を!

本記事では、「大学で働いている方(ポスドク、助教、特任職)の企業研究職への転職が必ず成功すると断言する理由を紹介しました。

本記事のポイントまとめ

  • アカデミックの労働環境は悪いと言わざるを得ない / 大学から企業への転職は必ず成功する!
  • 大学の研究者は企業で求められるスキルを既に持っている可能性が高い!
  • 転職市場は年々盛んになってきている!
  • 変革の時代を生き抜くためにアカデミック人材が必要とされている!
  • ポスドク、助教、特任職でも積極的に採用される可能性が高い!
  • アカデミック職の転職はアカリク転職エージェントで非公開求人を無料で紹介してもらおう!

中途採用市場の活発化と、AIに台頭される大きな時代の変革により、企業におけるアカデミック人材の需要が年々高まってきています

わしまる

大学には本当に優秀な先生が多いと感じています。

安定的な手厚い待遇のもとで、プライベートを犠牲にしない研究人生を1度考えてみていただけたらと思います。

たかこさん

任期付きの場合だと、最終的に上のポストに上がれないまま脱落してしまうリスクもありますもんね

わしまる

博士課程の学生さんに向けた企業就職をオススメする理由も紹介していますので、ご興味があればこちらも合わせてご覧ください

博士学生に企業就職を強くオススメする5つの理由
博士学生に企業就職を強くオススメする5つの理由本記事では、博士課程の学生がそのままアカデミックに残るべきか?それとも企業就職すべき?という問いに対してお答えします!仕事と生活のバランス、メインの研究活動に集中できるか?という視点で見ると、企業就職が良い選択となります!...

以上で、大学研究員に従事されている方の企業研究職への転職が必ず成功する理由の紹介は終わりです。

ご不明点等有りましたら、お気軽にツイッター「@Washimaru_UNIV」までご質問ください。

お疲れ様でした!